商品の詳細

近世漢方医学書集成 第60巻 橘黄医談・幼幼家則・方彙続貂

近世漢方医学書集成 第60巻 橘黄医談・幼幼家則・方彙続貂

山本鹿洲・村瀬豆洲(著)

本体価格(税込) 9,180 円

2019年07月31日予定

※ 製造状況により前後する場合がございますので、ご了承ください。

尚、銀行振込でのご注文の際は、弊社にて入金確認後に製造手配をいたしますので、上記日程とは異なる場合がございます。ご了承下さい。

商品情報

A5ソフトカバー
564ページ
出版社名:名著出版
関連カテゴリ:
医学
医学 > 東洋医学
ISBN:978-4-626-01801-4 /  商品ID: AJ943
数量
商品(オンデマンド版)は、多くが一般書籍の刊行当時を再現する形でスキャニング、データ作成されたものです。装丁や内容、色合い表現も、製作上異なる場合があります(ISBNコード等も異なります)ので、ご了承いただいた上でお求めになりますようお願い申し上げます。

詳しい説明

 脈なし病を世界で初めて臨床報告したのが鹿州である。『橘黄医談』は、その記録を含む諸々の医談を著したものである。『幼幼家則』は小児科の漢方専門書として大切で、『方意続貂』は古今の方意にもれている処方を補い、病類別に漢方医学的な病理解説が施された便利な書である。

関連商品を探す


お客様の声

ようこそゲストさん

現在のカゴの中

2019年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31