商品の詳細

「悪」 と江戸文学

「悪」 と江戸文学

朝日選書170

野口武彦(著)

本体価格(税込) 2,592 円

2019年07月29日予定

※ 製造状況により前後する場合がございますので、ご了承ください。

尚、銀行振込でのご注文の際は、弊社にて入金確認後に製造手配をいたしますので、上記日程とは異なる場合がございます。ご了承下さい。

商品情報

四六判ソフトカバー
220ページ
出版社名:朝日新聞出版
関連カテゴリ:
文芸
文芸 > 日本文学
ISBN:4-86143-043-7 /  商品ID: AC722
数量
商品(オンデマンド版)は、多くが一般書籍の刊行当時を再現する形でスキャニング、データ作成されたものです。装丁や内容、色合い表現も、製作上異なる場合があります(ISBNコード等も異なります)ので、ご了承いただいた上でお求めになりますようお願い申し上げます。

詳しい説明

  浄瑠璃や歌舞伎の作者は、主人公に悪人を好んで登場させた。謀反人・明智光秀、大盗賊・石川五右衛門、妖艶な毒婦たちの大活躍に江戸時代の庶民はなぜ酔いしれたのか。幕府の基本思想であった儒学と狂言作者が表現した文化の関連を問う。

関連商品を探す


お客様の声

ようこそゲストさん

現在のカゴの中

2019年7月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2019年8月の定休日
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31