民話フェア

日本各地の民話は、人々が長年に渡って伝承してきた、生々しくも深い知恵の宝庫です。そこには、現代を生きる私たちにこそ必要なメッセージが豊富に含まれています。
今回は、テレビ放映版『まんが日本むかしばなし』の原作として復刊の待望の久しかった、新コンテンツ『日本の民話』シリーズ(未來社)と、オンデマンド版のロングセラーとして好評の『ふるさとの民話』シリーズ(偕成社)の2シリーズを紹介いたします。
この機会にぜひ、各地の民話のもつ豊かな世界をご堪能ください。

一人の美しい働き者の娘が、ある祭りの晩に山をいくつも越した村の若者と知りあって互いに惹かれあった。しかし、祭りが終わると会うこともなくなってしまった。毎日のように山をみつめて恋い焦がれる娘は「山を越えて会いにいこう、その夜のうちに戻っていれば誰にも知られまい」と山道を走って会いにいくようになった。若者の家の戸をたたくその手には、必ずつきたての餅が握られていた。だが、そのうち若者は毎晩のようにけわしい山を越えてくる娘を魔性のものではないかと恐れはじめ、いとわしく思うようになってしまう。「家を出るとき、餅米を一握りずつ握りしめて出ると、いつの間にか餅になっているのです。どうかそんな疑いは持たないで……」泣きながら娘は訴えたが、とうとう若者は娘を殺そうと決心してしまう。山道で待ち伏せし、深さもしれない谷底へ突き落とした。あわれな娘の血がしたたったのか、やがて、そのあたりには真っ赤なつつじの花が咲き乱れるようになったという。(要約)

 「掌に握りしめて走った米が餅になった」というこのひとことで、女の愛情の深さ、激しさを象徴的に語る。この「象徴的に語る」という点が私にとっての民話の魅力のひとつですね。ときにはユーモラスに、たとえば現代でも子どもたちに人気の高い「屁っこき姉さ」の話もそうですが、ここでは「ぼがーん」という屁の音が、それまでに耐えに耐えていた姉さのエネルギーの大きさを表しています。象徴的なできごとがすべてを語り尽くす、というのはやっぱり民話だからこそのものだと思いますね。
(松谷みよ子氏インタビューより抜粋。「未来」06年8月号「民話を語り継ぐということ」)

*松谷みよ子さんおすすめの話
「おしになった娘」「黒姫物語」「つつじの乙女」(日本の民話1『信濃の民話』)→リンク

出版社ごとの特徴

県別・ふるさとの民話

『県別・ふるさとの民話』全47冊
判型:A5ハードカバー角背

各県1冊ずつ、県別に編集された民話集です。
その県の代表的な伝説や昔話はもちろん、現代社会を象徴する現代の民話も収集・収録しており、県の風土や県民性が良く伝わるよう工夫されています。
編纂には日本児童文学者協会が当たり、その県に在住または出身の文学者が再話しているので、地域の特徴を生かした格調高い文章となっています。
それぞれのふるさとへの愛情と誇りを育てるだけでなく、日本人の心のふるさとを振り返ることができるシリーズです。

日本の民話

『日本の民話』全79冊
判型:A5ソフトカバー

1957年の第一巻刊行から今年で50年。根強い民話ファンの方々に支えられながらも品切れになってしまった巻が多く、これまでご要望にお応えできずにいた「日本の民話」シリーズを、新装・オンデマンド版として復刊いたしました。
北は青森から南は沖縄まで、各巻の編者によって直接採集された、各地で語り継がれる民話の集大成です。民話には各地の風土が色濃く反映されています。各地方の特色や、少しずつ形を変えて全国各地に点在する同じ話を読み比べてみるのも楽しい本シリーズは、長年テレビ放映されていた「まんが日本むかしばなし」の原作でもあります。
読み聞かせや語りのおもしろさが注目されている昨今。ぜひ、「民話の世界」をお子さんやお孫さんとご一緒にお楽しみください。

お申込み手順

個人のお客様

1.偕成社の「県別・ふるさとの民話」につきましては、「万能書店」でのお取り扱いがございません。誠にお手数ですが、ご購入につきましては最寄りの書店にお問い合わせください。
2.未來社の「日本の民話」につきましては、「書籍一覧へ」を押した後、気になった商品がありましたら、商品のタイトルまたは表紙画像を押してください。
3.商品詳細をご確認いただいた上で、画面下部の「カゴに入れる」ボタンを押し画面の指示に従って手続きをしてください。

書店のお客様

1.各出版社の「PDFダウンロード」ボタンを押してください。
2.ダウンロードしたPDFをプリントアウトし、冊数記入の上、お取引の取次店にご注文ください。

ようこそゲストさん

現在のカゴの中

2017年11月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31